【NEWS pickup】東京シャトル・THEアクセス成田/路線を統合 都心と成田空港を結ぶ日本最大のエアポートバスが誕生

京成バス、ジェイアールバス関東、ビィー・トランセホルデグスは、東京都心と成田空港を結ぶ高速バス「東京シャトル(有楽町シャトルを含む)」「THE アクセス成田」を統合し、2020年2月1日(土)より8社による共同運行を開始する。

これは、訪日外国人旅行者をはじめとする成田空港の利用者が増加傾向にあるなか、更なる空港アクセスの利便性向上を図る目的で実施するもの。統合後は新名称 AIRPORT BUS「TYO-NRT」(エアポートバス東京・成田)として運行を行う。

本数は19便増え往復合計284便、運賃は大人片道1000円(深夜便は2000円)に据え置かれる。また、異なっている東京駅の乗り場は、八重洲南口のJR高速バス乗り場(グランルーフ)からの出発に統一。東京駅発の便は、インターネット経由の事前決済による予約制の便と、乗り場で運賃を支払う全席自由席の便の双方が運行される。降車場所は「ビィー・トランセ降車場」に、銀座駅の乗り降り場所は「銀座駅(数寄屋橋)」に統一する。

成田空港では、両路線で共用していた乗り場を使用する。乗車券販売カウンターで時間指定の乗車券を購入し、乗車する方法に統一される。


関連サイト:東京シャトル http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/
      THEアクセス成田 http://accessnarita.jp/
      エアポートバス東京・成田 https://tyo-nrt.com/