【NEWS pickup】GA/成田・関空でのインドネシア入国ビザの支払いが米ドルから日本円に

ガルーダ・インドネシア航空(GA)は、成田発便および関空発便において、「機内入国審査プログラム」を実施している。

空港での搭乗手続き後、インドネシア共和国入国審査証(到着ビザ)代金支払いカウンターで25米ドルを支払い、機内で入国審査を完了することで到着後、専用ブースよりスムーズな入国が可能となるというもの。これまでは、米ドル通貨での徴収だったが、201272日より日本円での徴収に変更となる。

経過措置として、72日から731日までの期間、日本円が用意できない場合は、従前通り米ドルでの支払いも可能、81日以降は日本円のみでの受付となる。

換算計算方法は、出発前日の三菱東京UFJ銀行のウェブサイトに掲載される外国為替相場表にある、米ドルの『TTST/C)』レートを基に計算し、端数は10 円単位に切り上げをする。(出発日前日が土曜・日曜・祝祭日の場合は直前の銀行営業日レートを適用)

計算例として、当日の適用換算レートが1USD=80.67JPYの場合、USD25 x 80.67 = 2016.75 ⇒ 10円単位切り上げで収受額は2,020円になる。

詳細は、

http://www.garuda-indonesia.co.jp/service/checkin/immigration-on-board/

を参照。

Comments