【NEWS pickup】京成電鉄/「新型スカイライナー1,500万人達成記念式典」を開催

京成電鉄は、2010年7月から運行を開始した新型スカイライナーの利用者が、2015年5月20日に1,500万人に達し、成田空港駅ホームで記念品贈呈や記念撮影など「新型スカイライナー1,500万人達成記念式典」を開催した。

2010年7月17日に開業した成田スカイアクセスにあわせ、運行開始した山本寛斎デザインの3代目 スカイライナーは、日本の在来線では最速の最高時速160kmで、都心と成田空港を最速36分で結ぶ。

記念式典では、開業以来1,500万人目となる利用者に記念品として、花束と旅行券10万円相当を贈呈。さらに1,500万人達成を記念して車両に掲出するヘッドマークデザイン等の説明、1,500万人目の利用者が乗車したスカイライナー10号の利用者全員に、記念品(オリジナルグッズ)をプレゼントした。


関連サイト:京成電鉄 http://www.keisei.co.jp