【NEWS pickup】京成バス/リフト付き高速バス実証運行路線として「有楽町シャトル(成田空港⇔東京駅鍛冶橋駐車場)」運行開始

京成バスは、2017年12月16日(土)よりリフト付き高速バスの実証運行路線として、「有楽町シャトル(成田空港東京駅鍛冶橋駐車場)」の運行を開始する。

これは、国土交通省が推進する「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の円滑な運営に向けたバリアフリー化」に対応するべく実施するもので、2016年8月16日~2017年11月30日に実施した成田空港⇔海浜幕張駅・幕張メッセに続く新たな実証運行路線として運行するもの。

成田空港⇔東京駅鍛冶橋駐車場を約70分で結び、一日往復21便のうち12便をリフト付き高速バスで運行。運賃は同一エリアを運行する「東京シャトル(成田空港⇔東京駅八重洲口)」と同額(前日までの予約・決済の場合は900円、当日予約または未予約の場合は1,000円)に設定し、回数券や東京地下鉄とのセット券「東京シャトル&サブウェイパス」の使用が可能。

実証運行で使用するリフト付き高速バスには、リモコンで操作する車椅子専用の乗降リフトが車体中央部に搭載、車椅子を利用のままバスに乗車できる(車椅子のまま利用の場合は事前予約が必要)。


時刻表・運賃・購入方法等は、こちら

関連サイト:京成バス http://www.keiseibus.co.jp