【NEWS pickup】JR東日本・JL/「陸」・「空」で連携、訪日旅行者拡大を目指す

東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)とJAL(JL)は、訪日旅行者拡大に向けた事業を強化し、日本の観光立国実現に向けて取り組むため、両社のグループ会社を通じて台湾で旅行会社を共同運営していくことについて合意した。

JR東日本グループの旅行会社(株)びゅうトラベルサービス(http://www.v-travels.co.jp/)が、JLグループの(株)ジャルパック(http://jalpak.jp/)子会社である台湾の旅行会社「創造旅行社社股有限公司(CTT)」(http://www.ctt.tw/)の株式の49%(※関係当局の認可を前提)を取得し、共同で事業運営を行う。

JR東日本グループは、「グループ経営構想Ⅴ(ファイブ)~限りなき前進~」で発表したコンセプトワード「地域に生きる。世界に伸びる。」を実現すべく、CTTへの出資を通じてJLグループとの連携を一層強化し、台湾市場に向けた新たな鉄道旅行商品を提案することで、更なる交流人口拡大に向けて取り組み、JALグループは、幅広い国際線ネットワークを活かし、今後ますますの拡大が見込まれるアジア地区からの訪日需要獲得に向けてJR東日本グループとの連携を一層強化し、個人型旅行商品をはじめとする訪日旅行商品の付加価値向上に取り組んでいく。
 
今回の提携により、JR東日本グループとJALグループは、両社の強みである「陸」と「空」を活かした新たな旅行商品の開発を行い、中長期的にはCTTを拠点としてアジア市場の訪日旅行需要の創出に挑んでいく。


関連サイト:JAL http://www.jal.co.jp/
      JR東日本 http://www.jreast.co.jp/