【NEWS pickup】LH/成田線、名古屋線導入の「新スターシェフ」メニューを披露

ルフトハンザ ドイツ航空(
LH11月より、ザ・ペニンシュラ東京の総料理長、アダム・マティス氏(写真左から2番目)同ホテルの和食料理長、児島輝幸氏(写真中)が監修する機内食プログラム「スターシェフ」を成田および名古屋発路線に導入した。

1025日にはザ・ペニンシュラホテル東京で新メニューの披露および両シェフの紹介が行われた。マティス総料理長からは「ケータリング会社のTFK12か月間で3度のテイスティングを行い、約150種類の料理から厳選しました。LHとペニンシュラは“プレミアム同士の出会い”です」と述べた。

また、LHのオットーF.ベンツ日本支社長(写真左端)は席上、「日本/ドイツ路線の座席供給量はアップしています。東日本大震災がありながらもエアバスA380の運航は継続し、来年6月には成田とデュッセルドルフを結ぶ路線を週6便で開設する予定です」と述べた。

スターシェフプログラムはファーストおよびビジネスクラスで提供され、2か月毎にメニューが変更される。

▲前菜             ▲サーモントラウトのポーチ
▲牛頬肉のブレゼ、仔羊のスロークック、
鴨脚のコンフィ


▲デザート



Comments