【NEWS pickup】LX/新ロゴマークを発表、ブランディング強化へ

20124月に設立10周年を迎えるスイス インターナショナル エアラインズ(LX)は、ブランディングの刷新を実施しているが、1018日、日本において新しいロゴの発表が行われた。

今回採用されたロゴは「スイスの航空会社」であることを強調するため、遠くから見ても「SWISS」であることがわかるよう考案されたもの。スイスが誇る伝統的なブランド・イメージをストレートに伝え、スイスを代表する航空会社として高品質を提供、追求していく方針だ。

LX本社から来日したチーフ・コマーシャル・オフィサーのホルガー・ヘッティ氏は、2015年までの戦略を中心にプレゼンテーションを行ったが、ここでも「永続的な高品質のサービスを提供することが必要」と述べた。設立から3年で事業収益を黒字化し、スター アライアンスへの加盟、ルフトハンザ グループ入り等を経て、年々収益規模を拡大している。


また、今回の刷新計画の一環として成田線を含む長距離路線に導入された「新ビジネスクラス」は、座席のほとんどが通路に面したフルフラットベッドで、プレミアムなサービスが乗客から高い評価を得ている。

▲スイス インターナショナル エアラインズの新ロゴ

上の写真は左から、LX国際線旅客事業担当副社長のアーブドゥ・フォン・ツァー・ミューレン氏、LXチーフ・コマーシャル・オフィサーのホルガー・ヘッティ氏、LX日本支社長の岡部 昇氏


Comments