【NEWS pickup】名古屋鉄道/名鉄名古屋駅・中部国際空港駅 タブレット端末を活用した多言語通訳サービス導入

名古屋鉄道は、海外からの利用者や耳の不自由な利用者などのさらなる利便性向上を図るため、5月24日(火)より名鉄名古屋駅・中部国際空港駅において、タブレット端末を活用した多言語通訳サービスを導入する。

これは、タブレット端末を活用してオペレーターがリアルタイムに通訳を行うというもの。

開  始:2016年5月24日(火)

提供場所:名鉄名古屋駅
     中部国際空港駅
     名鉄名古屋駅サービスセンター

対応言語:英語・中国語・韓国語・手話(日本語)

対応時間:始発から終電まで
     (手話は9時から17時まで)

内  容:選択言語のネイティブスピーカーや手話の通訳者が、タブレット端末の画面を通しオペレーターとして仲介することで、利用者と名鉄駅係員の意思疎通をリアルタイムでサポートする。


関連サイト:名古屋鉄道 http://www.meitetsu.co.jp/