home‎ > ‎

「JAL Sweets Box with JAL cabin attendant」の販売を開始

JAL(JL)は、2022年3月25日・26日に「JAL Sweets Box with JAL cabin attendant」を羽田空港第1ターミナル2階出発ロビー南側エスカレーター下(Cゲート前)にて販売する。
JLは、航空輸送事業を通じて、ネットワークを活かした地域特産品の発掘などの地域産業支援や、交流人口の創出による観光振興など、地域の活性化に向けた継続的な活動「JALふるさとプロジェクト」に取り組んでおり、これまで、客室乗務員で構成された「JALふるさと応援隊」や地域に居住して地域活性化活動に取り組んでいる「JALふるさとアンバサダー」が、地元の企業とコラボし、地域の旬の果物を素材としたスイーツを考案する活動を行ってきた。
今回、より多くの地域から、地域産品の魅力を紹介したいという想いから、「JAL Sweets Box with JAL Cabin Attendant」と称して商品化し、提供する。
第1弾は、「高知県産柚子のパウンドケーキ」、「兵庫県丹波産黒大豆と宇治抹茶のロールケーキ」、「茨城県産栗と竹炭のロールケーキ」、47都道府県の魅力をギュッと凝縮した「マカロン47s」のうち「栃木県とちおとめ」「京都府抹茶」「高知県柚子」「山梨県洋梨」「広島県レモン」の5種類。
なお、売り切れ次第終了となる。