home‎ > ‎

2021年の人気機内エンターテインメントを発表

エミレーツ航空(EK)は、2021年に最も視聴された機内エンターテインメントを発表した。SFアクションスリラー映画『TENET テネット』をはじめ、家族で楽しめる映画『クルエラ』や海外ドラマ『フレンズ:ザ・リユニオン』等が上位にランクインした。
数々の受賞歴を誇るEKの世界最大級機内エンターテインメントシステム「ice(Information Communication Entertainment)」は、4,500以上のチャンネルを乗客に提供している。
最新映画やテレビ番組をはじめ、音楽やポッドキャスト、機外カメラの映像、飛行位置情報、ニュースやスポーツ中継、機内Wi-Fiサービスを提供している。さらに、現在は日本映画18作品に加え、海外映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や『エターナルズ』等、日本語吹替版のハリウッド映画を135本以上楽しむことができる。