home‎ > ‎

産学連携で航空機運航の環境負荷低減を実現する取り組みを開始

Peach Aviation(MM)は、NABLA Mobility、東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻 土屋・伊藤研究室と、産学連携で航空機運航の環境負荷低減を実現する取り組みを開始することを発表した。
今回の取り組みでは、東大航空、NABLA社がMMの運航データをもとに、それぞれの強みを活かして環境負荷低減を実現するための提案などを行う。
そのうちの一つが、運航の効率化で、MMの運航データなどをもとに、東大航空土屋・伊藤研究室の研究開発およびNABLA社のデータ解析手法を活用し、MMの主要空港である関西空港を中心とした、離陸から巡航を経て着陸に至るまで各区間における航空機の飛行軌道を最適化していくもの。
アジアのリーディングLCCを目指すMMが航空分野の脱炭素でも積極的に可能性を追求する中で、今回の連携取組開始を通じ、航空業界に期待される抜本的な脱炭素にかかるプロダクト開発および施策の実装を産学の連携で加速させる。