home‎ > ‎

CosmoSkinプロジェクトにて共同開発中のスキンケア化粧品が国際宇宙ステーション(ISS)搭載を目指す生活用品のアイデアに選定

ANAホールディングスとポーラ・オルビスホールディングスは、CosmoSkinプロジェクトにて共同開発中のスキンケア化粧品が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「第2回宇宙生活/地上生活に共通する課題を解決する生活用品アイデア募集」に選定されたことを発表した。今後両社は、国際宇宙ステーション(ISS)搭載を目指し、製品開発を進めていく。
両社は、宇宙で使える化粧品の開発を行うCosmoSkinプロジェクトを2020年から共同で行っている。今回、本プロジェクトで開発中のスキンケア製品が、宇宙および地上に共通する生活課題の解決やQOL向上に役立つと評価され、JAXAの宇宙生活/地上生活に共通する課題を解決する生活用品アイデア募集においてISS搭載を目指すアイデアとして選定された。
本開発では、極度な乾燥や重力が小さいなど、宇宙船内の特殊な環境での使用を想定したスキンケア製品を開発しており、肌を美しく保つ機能と共に、スキンケア行為を通して心も健やかに保つ体験価値を追究している。
今後、2023年以降の国際宇宙ステーション(ISS)への搭載を目指し、JAXAと共に開発品の改良や製品テスト等を進めていく。