home‎ > ‎

統合報告書「JAL REPORT 2021」が「日経統合報告書アワード2021」にて優秀賞を受賞

JALグループは、経済的価値と社会的価値の両立を追求し持続的に成長する姿を、幅広いステークホルダーに理解してもらうため、統合報告書「JAL REPORT」を毎年発行している。
今回、2021年9月に発行した最新版の統合報告書「JAL REPORT 2021」が、日本経済新聞社が主催する「日経統合報告書アワード2021」において優秀賞を受賞した。
企業価値創造プロセスのストーリー性、投資家の分析に必要十分な財務情報、意欲的で緻密な経営計画の設定といったテーマで特に評価され、併せて「JAL全体を分かり易く解説しており、投資家にとっても非常に参考になる」「骨太で実直な報告書である」などの講評を得た。
「JAL REPORT 2021」では会社創立からの70年間に技術と革新を積み重ねて培った強みを生かして、2030年に向けたグループのあるべき姿である「JAL Vision 2030」の実現につながる価値創造ストーリーや、環境変化に適応し持続的な成長・発展を目指す「2021-2025年度 JALグループ中期経営計画」の概要などを、トップメッセージや社員の具体的な取り組みの紹介とともに、分かりやすくまとめた。