home‎ > ‎

新型機の初フライトに搭乗できる成田発着周遊フライト販売開始

ジェットスター・ジャパン(GK)は、2022年7月1日の運航開始に先駆けて、6月30日に新型機の初フライトに搭乗できるツアー「初乗りエビバディ!ジェットスター・ジャパン10周年記念新型機A321neo(LR)で飛ぶ成田発着周遊フライト」の販売を5月24日より特設ページにて開始する。
使用機材は、GKとして初めて導入するA321neo(LR)で、外観デザインを一新し、コーポレートカラーであるオレンジ色の尾翼と機体の下部およびシャークレットに入ったジェットスターロゴが特徴となっている。機内に新たに採用されたRecaro社製シートは、軽量で、かつ人間工学に基づいたスリムな背もたれと座面デザインで、安定した座り心地を実現。また、モバイル端末ホルダー(一部設置されていない座席あり)やUSBポートを座席に設置し、フライト中に充電しながら自身のモバイル端末を利用できるなど、機内はより一層快適な空間となっている。
本ツアーでは、特別チャーター便で成田空港を出発し、富士山を周遊するルートでの飛行を予定しており、参加者にはもれなく、「ジェットスターA321neo(LR)オリジナル折りたたみタンブラー」などユニークな記念グッズをプレゼント。また、オプションで、最大5組まで飛行機を背景にした写真撮影も可能。