ウクライナへの支援・寄付活動を開始

ユナイテッド航空(UA)は、3月7日(米国中部時間)、ウクライナ周辺で必要とされる人的資源と物資を空輸する活動において重要な役割を果たす可能性のある団体への寄付活動を開始した。
UAのマイレージプログラム「マイレージプラス」の会員は、 専用ウェブサイト(united.com/UkraineSupport)を通じて同社が支援する4団体Airlink、Americares、American Red Cross、World Central Kitchenに現金もしくはマイルを寄付することができる。UAは、500万マイル、および10万ドルを上限として寄付された同額をマッチング寄付する。加えて50ドル以上の寄付を行ったマイレージプラス会員に対してボーナスマイルを付与する。
UA社長ブレット・ハート氏は、「我々が現在目にしているウクライナにおける人的悲劇は恐ろしく、大きな衝撃を受けています。それに対応するため、弊社も援助をすぐに必要としている人々に物資を届ける役割を果たします。我々の支援パートナーは一週間前よりすでに現地での活動を開始しており、彼らがこの危機の前線へ人や物資を空輸する任務を遂行するのに更なるサポートが必要なのは明らかです。UAは支援活動の一翼を担えることに誇りを持っており、引き続き、必要な支援方法を模索してまいります」と述べている。